黄疸から気付くがん|費用を下調べ|agaで希望を掴みたいなら

費用を下調べ|agaで希望を掴みたいなら

病棟

黄疸から気付くがん

女性

発生率が低く稀ながん

「十二指腸がん」は、消化管の中に発生するがんの中では発生率が低いため、非常に稀ながんと言われています。早期発見であれば、治療も比較的簡単な場合が多く、逆に発見が遅れるとその分難しくなる傾向にあります。そのため、十二指腸がんについては早期発見を心がけることが大切です。十二指腸がんを患い手術を受けた場合は、食生活にも気をつけなければならない点が挙げられます。具体的には、消化器官への負担を軽減するため、以下のことが行なわれます。食事量は少なめ・食材を細かくきざんで柔らかくしたきざみ食・食事の合間に間食を設ける・刺激物となる食事・飲料・脂っぽい料理や繊維質の食材は避けるなどです。尚、食事の際には、ゆっくりよく噛んでから飲み込むよう注意が促されています。

視覚から気付く異変や発症

十二指腸がんは、前述したように早期発見が大切になります。早い段階で発見出来れば、外科手術による切除で完治率が非常に高くなると言われているからです。万が一、発見時には十二指腸がんが進行していた場合には、抗がん剤を用いた治療が一般的に行なわれています。また、早期発見の中でも初期段階の状態であれば、内視鏡治療(内視鏡的粘膜切除術)が採用されることもあると言います。十二指腸がんの発症原因については不明確であるものの、遺伝性がある家族性大腸腺腫症を患うと発症リスクが高くなると考えられています。発症後の初期段階では殆ど症状がみられないものの、進行するにつれて嘔吐・貧血・体重減少などが表れ、ゆくゆくは黄疸がみられるようになるのです。この黄疸によって皮膚が黄色味を帯びるため、発病や異変には視覚から気付くことが多い病気と言われています。